Diet meal lab:prototype

スーパーで購入できる食材で、健康的にダイエット。予防医学、薬膳を取り入れながらレシピを試行錯誤する日々の記録。平日更新。

作り置き考(個人の感想です)

f:id:diet_meal_labo:20170629102515j:image

 

最近の流行なのだろうか、常備菜を一括で仕込むシステムのダイエットレシピを多く見かけるようになった 。

日々自炊するのは大変、時間のあるときに作ってストックしておこう、ということのようだ。常備菜をより良い状態で保存できる機能が搭載された冷蔵庫も増えたと聞く。調べてみれば、拙宅の冷蔵庫もそうだった。

 

私も(この流行?が始まる前から)何度か挑戦してきたのだけれど、適正量を作り、頂き切るのがなかなか難しいのだ。

日によって食べたいものが変わったり、消費期限との戦いになったり。

特にダイエットを意識している場合、食べ過ぎは避けたい。さりとて無駄にするには忍びない。

あと、常備菜は「保存できること」が目標になるので、塩分や甘み、油脂が多めになるのも少し考えるところではある。うっかり、ご飯が進んでしまう可能性が否定できない…

 

生活スタイルによって合わせるのが重要、まず自分の食生活のペースの確認からかな、と個人的には思っている。

これは常備菜に限らず、どんなダイエットレシピでも同じ、だけど。

 

拙宅では2〜3日で食べ切れる量で他の料理に展開可能なものを2品ほど仕込んでストック、主菜と汁物は当日に都度、作っている。