Diet meal lab:prototype

スーパーで購入できる食材で、健康的にダイエット。予防医学、薬膳を取り入れながらレシピを試行錯誤する日々の記録。平日更新。

夢を叶える

f:id:diet_meal_labo:20170808183208j:image

 

…思い出したので、書いてみる。

写真の通り、料理の話ではない。

 

ダイエット生活に入る前、体調を大幅に崩す直前のこと。

旅をした。1枚、写真を撮ってもらった。

この風景画像ではなく、自分自身が被写体に含まれている写真だ。

 

写真を撮られるのは不得意だった。冒頭の通り、「ダイエット生活の、前」だ。

繰り返すが「ダイエット生活の、前」。どんな姿であったかは想像に難くないであろう。

 

集合写真では最後列の影に隠れ、または自ら撮影係を買って出て、画像に残ることを回避していた。

旅先だから、記念だからと、散々自分に言い聞かせて映してもらった写真。

 

図らずも、それが唯一の「Before」として、現存する『証拠』となった。

(実際にお会いして、私のスマホから画像を見た方、いらっしゃいますね。アレです、えぇ)

 

もう一度、あの海辺で「After」の写真を撮るのが、今の目標であり、希望だ。

健康管理(主治医との相談)もクリアせねばならないし、課題はたくさんあるけれども。

 

余談だが、旅行時に着ていた=写真に映った服は、今はもう着ることが出来ない。

カットソーはオフショルダー(はじめから仕立ててあるものとは違う、伸び切った感が大変な)状態、パンツはずり落ち、自然と脱げてしまう有様。

そろそろ、感謝ともに手放してもいい頃か。

 

…さて。

夢の実現は、いつになることやら。

 

広告を非表示にする

週末の模様と、ご連絡。

f:id:diet_meal_labo:20170807180349j:image

外食に出るときは、なんでも食べる。

 

週末、実家の家族と出かけた。

母親が望んだのは、近隣に新しくできたカフェの、ピザとオムライス。シェアしながらいただいた。

 

こんな機会のために、日々の食事を調整していると言っても過言ではない。

ダイエットを始めた当初は、結果がご破算になるのが怖くて封印していたが、今は前後の食事内容で加減できる自信がついたし、断ることで付き合いがギクシャクするのもストレスになるので。

流石に…連日になると日程の方を調整するけれども。

 

閑話休題

1ヶ月少し更新を続けてきて、方向性を変えたくなってきたので、リニューアルを検討中。

基盤である「ダイエット料理」は変わらないのだけれども、もう少しいろいろ話してみたくなった…と言うか。

 

アドレス等、変更するかもしれません。

(その際はこのブログからリンクを繋ぎます)

 

しばらく、試行錯誤してみたく。

並行して動く予定で、もしかすると、こちらが不定期更新になるかも。

(お盆はプライベートも立て込みますゆえ)

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

制限よりも調整

f:id:diet_meal_labo:20170804180152j:image

 

たまねぎ、セロリ、ピーマンと、鶏肉を炒めてガパオライス。

ドライバジルを使ってしまっているし、本格レシピでは、にんにくと唐辛子も入れるようだけれど、季節柄身体に熱を起こす食材は加えていない。

余談だが、夕食ゆえに、ご飯よりも野菜の量を多くしたので、ちょっと、配分を考えながら頂いたのだった。

 

これまでの写真をご覧いただいた方はお気づきだろうが、私個人は、なんでも食べている。

食生活に禁止事項を用意していない。アレはダメ、コレはいけないと断罪する手法は採用していない。食材に罪はないのだから。

より良く、楽しく食せるように工夫はしている。

制限よりも、調整といったところだ。

 

もっとも、持病や体質の都合、医師から指導を受けている場合は、そちらが絶対的な優先。相談しながら選ぶことになる。

私自身もアレルギーがある食材は、流石に栄養が優れていても摂れないし…

 

健康で機嫌よく過ごせるための方法を選ぶ、というスタンスでいる。

 

※次回更新は7日の予定。

美味しい週末を。

 

広告を非表示にする

コンソメ寒天と豆乳の冷製スープ

f:id:diet_meal_labo:20170803180819j:image

 

拙宅夏場の定番、コンソメスープを寒天で固めて、豆乳を注いだもの。

豆乳の代わりに牛乳でもいいし、コンソメ側に野菜などの具材を入れておいても。少しだけ濃いめの味付けにしておくと良い。

代わりに豆乳(または牛乳)には、味付けなし。両方を混ぜ合わせてちょうど良い塩梅で。

利用されるコンソメの表記や、スープの味を見て確認していただきたい。

 

「夏場の定番」なのは、寒天が、薬膳的に身体の熱を冷ます働きがあるため。

(昨日の記事の通り、ローカロリー食材には案外、身体の熱を取るものが多いのです)

つるりとした喉越しで、食物繊維も摂れる。

 

ダイエットも大事だが、暑さにバテてしまわないことも大事だ。なんとかして美味しく、元気でいることを考えている。

 

ローカロリー食材の選択

f:id:diet_meal_labo:20170802184856j:image

夏に美味しく、副菜に便利な、刺身こんにゃく。

特売を狙ってストックしておき、大葉や紫蘇ふりかけと和えることが多い。

 

ダイエット中に選ぶ機会が増えるローカロリー食材、こんにゃく、きのこ、もやし。食べ応えがあって、お値段もお手頃で助かる。

しかし、薬膳的に見ると、これらには身体を冷やす働きを持つものが、結構多いのだ。

「ダイエットを始めてから身体が冷えて…」

と言う場合は

(私がうっかりやらかした事案です)

一度、食材の選択とバランス、調理法を確認してみることも大事だ。

 

今は真夏だから、刺身こんにゃく。

冬場は加熱調理にしたり、別の、身体を温める働きを持つ食材で対応。 

ちなみに大葉や紫蘇は、身体を温める働きを持っている。

 

あと、たんぱく質が足りず、筋肉量が落ち→代謝が下がることでも身体の冷えを感じることがあるので、食事のバランスを見て、体調を確認しながら進めていくのが必要、とも思う。

 

 

 

やせる環境構築大作戦

f:id:diet_meal_labo:20170801173307j:image

今、読んでいる本。

 

食事内容を整えるには食材を選ぶことが、時間や場所を整えるには環境を考えることが必要…

と思い、料理の外側から、確認してみることにしたのだった。

 

知らず知らずのうちに自分についている「癖」や「習慣」を見直し、修正や変化を加えて、観察する。

手を加えられる箇所、出来そうな場所から少しずつ取り入れてみている。

 

そもそも、ダイエットとは『生活様式』という意味だから。

やせる環境構築、顛末は、果たして。

 

 

 

毎日が実験

f:id:diet_meal_labo:20170731162228j:image

…卵よりも、水切りした豆腐の方が、味的に合いそうだな…

 

「ダイエットは食事から」

よく言われる言葉。栄養摂取の意味もあるが、回数の分だけ、向き合う機会が多くなるからでは、と思っている。

 

私の場合、1日の食事のうち数回分は、試作と試食(味)、食後の体調観察の機会になっている。目標と制約がある分、可能な限り、美味しく満足したい。

 

今回の試作は、再考の余地あり。

また作ってみよう。そんな繰り返しで日々の食卓を考えている。

 

 

広告を非表示にする